女性の健康管理クリニック 小山嵩夫クリニック

ご予約・お問い合わせ TEL:03-3561-0711

アクセス

TOP > コラム:生理痛 Q&A > 生理の前にイライラしたり、頭痛がする

コラム

生理の前にイライラしたり、頭痛がする
だいたい生理の1週間前から、イライラしたり、頭痛がしたりしますが、
生理がはじまると止まります。

気分転換をはかってみてください。

こうした症状を月経前症候群といいます。生理の7日~10日くらい前から、いろいろな症状があらわれ、生理がはじまるとともにその症状が消えるのが特徴です。20代後半から30代の女性に多くみられます。
代表的な症状はイライラです。情緒不安定で、気が変わりやすく、怒りっぽくなったりします。落ち込んだり、眠くなったりする人もいます。次に多いのが頭痛、3番目が下腹部痛や腹部の膨満感、乳房の痛み、あとは吐き気やむくみ感などです。体重が増える人もいます。
女性ホルモンのうち、黄体ホルモンが情緒面で悪さをして、イライラさせたりするんですね。だから、生理がはじまる頃には黄体ホルモンが出なくなり、イライラなどの症状もなくなります。どうして、黄体ホルモンが悪さをするかは原因不明です。恋人や夫がいる人は、女性は生理の前にイライラすることがあることを理解してもらうといいでしょう。
改善方法としては、気分転換をはかることをまずおすすめします。軽い運動をしたり、お風呂にゆっくり入ってリラックスさせてください。頭痛は、痛み止め薬を飲んで治ればいいと思います。
ひどく落ち込んだり、まわりに迷惑をかけたり、日常生活にトラブルが生じるようだと、やはり医師に相談してみるといいでしょう。また、漢方薬で改善されることも少なくありません。

ページの先頭へ